【すぐわかる】becauseとbecause ofの違い【意味と使い方を解説】

英文法

becauseとbecause ofの違い

それぞれの意味と使い方を見て,二つの違いを比べてみましょう。

becauseの意味と使い方

意味:…なので,…だから

品詞:接続詞

becauseは【原因・理由】を表し,「…なので,…だから」を意味する。

*使うときは,becauseは品詞が接続詞なので,becauseの後ろには節[主語+動詞]を置きます

because ofの意味と使い方

意味:…が原因[理由]で,…のために,…のせいで[おかげで]

品詞:群前置詞

because ofも【原因・理由】を表します。becauseとの違いは,「…のために,…のせいで」等のように,日本語に訳したときのニュアンスが微妙に異なること。

because ofは品詞が群前置詞のため,because ofの後ろには名詞または動名詞が置いて使いましょう

※群前置詞とは2語以上で構成される前置詞のこと。前置詞の後には名詞か動名詞が置かれる。

becauseとbecause ofの例文

それぞれの例文を紹介します。

(1) We have to change our plan because Ken wasn’t able to be in time for first train.

(ケンが始発に間に合わなかったので私たちは計画を変えなければならない。)

※(1)のように,becauseの後ろに主語(Ken)と動詞(wasn’t)を伴うが置かれていますね。これは,becauseが接続詞だからです。

(2) The tennis match was canceled because of a typhoon.

(そのテニスの試合は台風のせいで中止になった。)

※(2)のbecause ofの後ろの名詞は”a typhoon”です。

まとめ

結論,becauseとbecause ofの違いは以下の通り。

  • becauseの意味は「…なので,…だから
  • 品詞は接続詞で,becauseの後ろに節[主語+動詞]が続く。
  • because ofは「…が原因[理由で],…のために,…のせいで[おかげで]
  • 品詞は群前置詞で,because ofの後ろに名詞か動名詞を置く。

以上,becauseとbecause ofの違いの解説でした。

その他の理由・原因を表す表現は,以下のページで詳しく解説しているので,よかったら参考にしてください。

私のオススメの英語学習法はコチラ↓↓

最近の投稿はコチラ↓↓

Akken's English

コメント

タイトルとURLをコピーしました